般若心経翻訳

経典翻訳

般若心経翻訳

摩訶般若波羅蜜多心経まかはんにゃはらみったしんぎょう

偉大なる無心(無分別智)の教え

観自在菩薩かんじざいぼさ 行深般若波羅蜜多時ぎょうじんはんにゃはらみたじ

観音菩薩は深い無心(無分別智)を行じ、

照見五蘊皆空しょうけんごおんかいくう度一切苦厄どいっさいくやく

この肉体も精神もすべて実体がないと気付き、一切の苦しみから解放された。

舎利子しゃりし色不異空しきふいくう空不異色くうふいしき色即是空しきそくぜくう空即是色くうそくぜしき

シャーリプトラよ、ものは空より生じる。そして空はものの形をとらずには存在できない。
ものの世界には実体がなく、実体がないからこそ、ものとして現れることが出来る。

受想行識じゅそうぎょうしき亦復如是やくぶにょぜ

感受も想念も意志も判断も同様である。

舎利子しゃりし是諸法空相ぜしょほうくうそう

シャーリプトラよ、すべての存在は実体がない空であるから、

不生不滅ふしょうふめつ不垢不浄ふくふじょう不増不減ふぞうふげん

生じたり消滅したりしない。汚れもせず清らかにもならない。増えたり減ったりもしない。

是故空中ぜこくうちゅう無色無受想行識むしきむじゅそうぎょうしき

ゆえに実体のない空の世界では、肉体もなければ、精神作用もない。

無眼耳鼻舌身意むげんにびぜつしんい無色声香味触法むしきしょうこうみそくほう

眼も耳も鼻も体も意識もなく、もの形も音も香りも味も、体の感覚も、意識の対象もない。

無眼界乃至むげんかいないし無意識界むいしきかい

視覚の世界から意識の世界に至る何もない。

無無明むむみょう亦無無明尽やくむむみょうじん

根本煩悩もなければ、その根本煩悩がなくなることもない。

乃至無老死ないしむろうし亦無老死尽やくむろうしじん

ついには老いや死もなく、老いや死がなくなることもない。

無苦集滅道むくしゅうめつどう

世界は苦であるという認識も、苦の原因の煩悩も、煩悩の消滅も、そのための修行もない。

無智亦無得むちやくむとく

真理を自覚することも、会得することもない。

以無所得故いむしょとくこ

本来、悟るとか何かを得るとかいうことがないので、

菩提薩多ぼだいさつた依般若波羅蜜多故えはんにゃはらみたこ心無圭礙しんむけいげ

菩薩は無心により、心にとらわれがない。

無圭礙故むけいげこ無有恐怖むうくふ

とらわれがないので恐怖もない。

遠離一切おんりいっさい顛倒夢想てんどうむそう究竟涅槃くぎょうねはん

すべての分別、はからいを遠く離れて、平安に安住している。

三世諸仏さんぜしょぶつ依般若波羅蜜多故えはんにゃはらみたこ得阿耨多羅三藐三菩提とくあのくたらさんみゃくさんぼだい

過去、現在、未来のすべての仏たちも、この無心によって最上の平安を得た。

故知般若波羅蜜多こちはんにゃはらみた

ゆえに知るべきである。

是大神呪ぜだいじんしゅ是大明呪ぜだいみょうしゅ是無上呪ぜだいじょうしゅ是無等等呪ぜむとうどうしゅ

無心の偉大なる真言、明らかなる真言を、無上の真言、比類無きこの真言を。

能除一切苦のうじょいっさいく真実不虚しんじつふこ故説般若波羅蜜多呪こせつはんにゃはらみたしゅ

それはすべての苦しみを除く、真実にして偽りなきものである。ゆえに無心の真言を説く。

即説呪曰そくせつしゅわつ

その真言は即ち、

羯諦ぎゃてい羯諦ぎゃてい波羅羯諦はらぎゃてい波羅僧羯諦はらそうぎゃてい菩提薩婆訶ぼじそわか

行きて、行きて、今ここに悟りが成就せり。
今ここに完全な悟りが成就せり。悟りよ、幸いなるかな。

般若心経はんにゃしんぎょう

無心の教えを終わる