観音経普門品翻訳

経典翻訳

観音経普門品翻訳

大乗妙典観世音菩薩普門品偈だいじょうみょうてんかんぜおんぼさつふもんぼんげ

世尊妙相具せそんみょうそうぐ  我今重問彼がこんじゅうもんぴ  佛子何因縁ぶつしがいんねん  名爲觀世音みょういかんぜおん

妙相の仏にふたたびお尋ねいたします。仏の御子はなぜ観世音と呼ばれるのでしょう。

具足妙相尊ぐそくみょうそうそん  偈答無盡意げとうむじんに 汝聽觀音行にょうちょうかんのんぎょう 善應諸方所ぜんのうしょほうしょ

妙相の仏は,詩文をもって無尽意菩薩にお答えになった。所に応じた観音の行を聴きなさい。

弘誓深如海ぐせいじんにょかい 歴劫不思議りゃくこうふしぎ 侍多千億佛じたせんのくぶつ 發大清淨願ほつだいしょうじょうがん

その誓願の深きことは,海の如く計り知れない。 多くの仏につかえて清らかな誓願を起こした。

我爲汝略説がいにょりゃくせつ  聞名及見身もんみょうぎゅうけんしん 心念不空過しんねんふくうか 能滅諸有苦のうめつしょうく

我は汝にそれを説こう。観音の名を聞きまた姿を見て,心に念じて空しく過ごさなければ,諸々の苦しみを滅する。

假使興害意けしこうがいい  推落大火坑すいらくだいかきょう 念彼觀音力ねんぴかんのんりき 火坑變成池かきょうへんじょうち

危害を加えんとする者に火の穴におし落とされようとも,かの観音の力を念ずればそれは池となろう。

或漂流巨海わくひょうるうこがい 龍魚諸鬼難りゅうぎょしょきなん 念彼觀音力ねんぴかんのんりき 波浪不能沒はろうふのうもつ

大海原に漂い流され,龍や鬼神の難にあおうと,かの観音の力を念ずれば,浪に沈むことはない。

汝聽觀音行にょうちょうかんのんぎょう或在須彌峯わくざいしゅみぶ 爲人所推墮いにんしょすいだ 念彼觀音力ねんぴかんのんりき 如日虚空住にょにちこくうじゅう

高山より人におし落とされようと,かの観音の力を念ずれば,太陽の如く虚空にとどまる。

或被惡人逐わくひあくにんちく 墮落金剛山だらくこんごうせん 念彼觀音力ねんぴかんのんりき 不能損一毛ふのうそんいちもう

悪人に追われ金剛山より落ちようとも,かの観音の力を念ずれば,髪の毛一本損なわれない。

或値怨賊繞わくじおんぞくにょう 各執刀加害かくしゅうとうかがい 念彼觀音力ねんぴかんのんりき 咸即起慈心げんそくきじしん

刀を持った賊どもに囲まれようとも,かの観音の力を念ずれば,賊はみな慈悲心をおこす。

或遭王難苦わくそうおうなんぐ  臨刑欲壽終りんぎょうよくじゅじゅう 念彼觀音力ねんぴかんのんりき 刀尋段段壞とうじんだんだんえ

王の迫害にあい,刑場で命が尽きようとしたとき,かの観音の力を念ずれば刃は折れよう。

或囚禁枷鎖わくしゅうきんかさ  手足被杻械しゅそくひちゅうかい 念彼觀音力ねんぴかんのんりき 釋然得解脱しゃくねんとくげだつ

手かせ足かせに囚われようとも,かの観音の力を念ずればその鎖より解き放たれよう。

呪詛諸毒藥じゅそしょどくやく 所欲害身者しょよくがいしんしゃ 念彼觀音力ねんぴかんのんりき 還著於本人しゃくねんとくげだつ

呪いや毒薬で人を損なおうとする者があろうと,かの観音の力を念ずれば,災いはかえって本人に向かう。

或遇惡羅刹わくぐうあくらせつ 毒龍諸鬼等どくりゅうしょきとう 念彼觀音力ねんぴかんのんりき 時悉不敢害じしつぶかんがい

悪鬼や毒龍,様々な鬼神にあおうとも,かの観音の力を念ずれば,あえて害をなさない。

若惡獸圍遶にゃくあくじゅういにょう 利牙爪可怖りげそうかふ 念彼觀音力ねんぴかんのんりき 疾走無邊方しっそうむへんぼう

もし獣に囲まれ牙や爪に襲われようとも,かの観音の力を念ずれば遠く走りさる。

蚖蛇及蝮蠍がんじゃぎゅうふくかつ 氣毒煙火燃けどくえんかねん 念彼觀音力ねんぴかんのんりき 尋聲自回去じんじょうじえこ

蛇やまむし,さそりの毒が炎の如く燃えようとも,かの観音の力を念ずればその声に帰りさる。

雲雷鼓掣電うんらいくせいでん  降雹澍大雨ごうばくじゅだいう  念彼觀音力ねんぴかんのんりき 應時得消散おうじとくしょうさん

雷電とどろき,豪雨が降りそそごうとも,かの観音の力を念ずれば天も静まる。

衆生被困厄しゅじょうひこんにゃく 無量苦逼身むりょうくひつしん 觀音妙智力かんのんみょうちりき 能救世間苦のうぐせけんく

人々が災厄に会い,苦しみがその身に迫ったとき,観音の妙智力はよくその苦しみを救う。

具足神通力ぐそくじんつうりき 廣修智方便こうしゅうちほうべん 十方諸國土じっぽうしょこくど 無刹不現身むせつふげんしん

不思議な力をそなえ,様々な方法で人々を救い,この世界中にその身を現さない所はない。

種種諸惡趣しゅじゅしょあくしゅ 地獄鬼畜生じごくきちくしょう 生老病死苦しょうろうびょうしく 以漸悉令滅いぜんしつりょうめつ

様々な苦しみの世界。地獄,餓鬼,畜生の世界。生老病死の四苦。ことごとく消滅する。

眞觀清淨觀しんかんしょうじょうかん 廣大智慧觀こうだいちえんかん 悲觀及慈觀ひかんぎゅうじかん 常願常瞻仰じょうがんじょうせんごう

真実の眼,清浄なる眼,広大なる智慧の眼,憐れみの眼,慈しみの眼。観音を仰ぎ尊びなさい。

無垢清淨光むくしょうじょうこう 慧日破諸闇えにちはしょあん 能伏災風火のうぶくさいふうか 普明照世間ふみょうしょうせけん

汚れなき清浄の光,智慧の光がすべての闇を破り,よく災いの風火をしずめて世界を照らす。

悲体戒雷震ひたいかいらいしん 慈意妙大雲じいみょうだいうん 澍甘露法雨じゅかんろほうう 滅除煩惱焔めつじょぼんのうえん

憐れみの体は戒雷に震え,慈しみの心は妙なる大雲の如し。不死の妙薬,甘露の教えの雨は,人々の煩悩の炎を消す。

諍訟經官處じょうしょうきょうかんじょ 怖畏軍陣中ふいぐんじんちゅう 念彼觀音力ねんぴかんのんりき 衆怨悉退散しゅおんしつたいさん

訴訟の法廷でも,軍陣の中でも,かの観音の力を念ずればすべての怨みは消えさる。

妙音觀世音みょうおんかんぜおん 梵音海潮音ぼんのんかいちょうおん 勝彼世間音しょうひせけんのん是故須常念ぜこしゅじょうねん

妙なる音,観世音。その聖なる音は海潮音の如く世間の音に勝る。ゆえに観音を念ぜよ。

念念勿生疑ねんねんもつしょうぎ 觀世音淨聖かんぜおんじょうしょう 於苦惱死厄おくのうしやく 能爲作依怙のういさえこ

その一念に疑いを生じてはならない。

観世音は浄く神聖である。苦しみや死において人々のより所となろう。

具一切功徳ぐいっさいくどく 慈眼視衆生じげんじしゅじょう 福聚海無量ふくじゅかいむりょう 是故應頂禮ぜこおうちょうらい

一切の功徳をそなえ,慈しみの眼で迷える者たちを見つめる。

その福徳は海の如く無量である。ゆえに観音を礼拝せよ。

爾時にじ持地菩薩じじぼさ即從座起そくじゅうざき前白佛言ぜんぴゃくぶつごん

その時,持地菩薩が座より立ち上がり仏に申し上げた。

世尊せそん若有衆生にゃくうしゅじょう聞是觀世音菩薩品もんぜかんぜおんぼさほん自在之業じざいしごう普門示現ふもんじげん

世尊よ。観世音菩薩品で説かれた観音の自在なはたらき,あまねく世界に姿を現す,

神通力者じんつうりきしゃ當知是人とうちぜにん功徳不少佛説是普門品時くどくふしょうぶつせつぜふもんぼんじ

その不思議な力について聞いたならば,人々は大いなる功徳をえるでしょう。

衆中八萬四千衆生しゅちゅうはちまんしせんしゅじょう皆發無等等阿耨多羅三藐三菩提心かいほつむとうどうあのくたらさんみゃくさんぼだいしん

仏がこの観音経普門品を説いたとき,その説法の座にいた八万四千の人々は,みな無上の比類のない悟りに達した。