洪福寺のこと

洪福寺のこと

緑に囲まれた、自然豊かなお寺です。

p-gate

洪福寺正門前の様子。
正門を囲む2本の大きな桜は、春になると街ゆく人々を和ませています。

洪福寺は神奈川県横浜市で700年以上もつづく、歴史の深いお寺です。

春には満開の桜に囲まれ、自然豊かな景観を楽しむことができますので、

ぜひ気軽にお立ち寄りください。

洪福寺 境内の様子

p-precinct

洪福寺の歴史

p-sculpture

正門には狛犬の彫刻

洪福寺開創の年代を確定すること出来ません。しかし、『新編武蔵風土記稿』などの資料を調べてみると、旧東海道と八王子道の追分、袖摺山(洪福寺山の墓地あたり)に建長寺第30世住職、枢翁妙環和尚、仏寿禅師(後醍醐天皇から諡号)が鎌倉時代末期頃、1330年代に薬師堂を建立したのが洪福寺の草創と考えられます。

その後時代が下って、徳川家光の戸籍制度改革のあった寛永13年(1636)頃に現在地に薬師堂を移したのが、今の洪福寺開創と考えられます。そのときの開山が大空呑海禅師で、開基は芝生(しぼう)村の百姓権左衛門の先祖で、法号が心無道安とされる方です。袖摺山の薬師堂や仏寿禅師のことを考えると、どちらも中興の開山、開基とするべきであろうと思われます。

本尊は薬師如来で、鎌倉権五郎景政の守り本尊で眼洗い薬師と称されていました。鎌倉権五郎景政が後三年の役で片目を射抜かれながら、奮迅したことからついた俗称と考えられます。

ちなみに鎌倉権五郎景政は『歌舞伎十八番』の一つ『暫』でも有名な武将です。

社宮司大権現

p-shrine

社宮司大権現の神棚

洪福寺境内に鎮守様として祭られているのが社宮司大権現です。社宮司大権現は通称「おしゃもじ様」と呼ばれ、咽喉・風邪の病気の神様とされ、病の人は社にあげてある杓子を1本持ち帰り、患部をなぞると病が癒えると言われていました。そして全快した時は新しい杓子を2本お返しするのです。インフルエンザの流行などがあれば、参拝者があふれ、杓子が山のようになったそうです。おしゃもじ様は全国的にまつられている神様で、比較的古くから開けた土地に多いようです。洪福寺におしゃもじ様が建立された年代は不明ですが、17世紀初頭に洪福寺が東海道の追分から現在地に移ったときには、すでに当地か近在に祀られていたものと考えられます。

住職からのご挨拶

txt-masaesouzen(まさえ そうぜん)

先代、奈良光雄和尚が亡くなって以来20数年間、洪福寺には専任住職が居ませんでした。この度入寺するにあたり、名刹洪福寺の名に恥じぬよう努める所存です。檀家の皆様、坐禅会や写経会、また地域の皆様、ご法愛の程お願いいたします。

住職略歴

昭和36年1月
群馬県に生まれる。
  55年4月
東洋大学文学部印度哲学科入学。
  59年3月
同 卒業。
  59年4月
白山道場小池心叟老師に入門、得度。
  60年3月
建長寺専門道場入門。
平成 3年
同 暫暇。白山道場へ帰山、小池老師に参禅。
平成11年4月
建長寺専門道場へ再入門。その後吉田正道老師に通参、印可を許される。
    12月
東京都文京区の妙心寺派霊樹院住職に就任。
平成27年2月
霊樹院住職退任。
     5月
建長寺派洪福寺住職就任。